記事一覧

英会話を習う

授業

2つのレッスン方式

現在の日本の産業界では数多くの外資系企業が活動していることから、英語のニーズが増加しているため、英会話学校に入校する人が多くなっています。その英会話学校の授業形式には主に、「グループレッスン」と「個人レッスン」があります。グループレッスンは英会話学校で一般的なレッスンになっており、一人の講師が複数の生徒を担当します。同じクラスに仲間がいることでお互いが刺激され、レッスンがはかどる傾向にあります。また、生徒同士でレベルの違いをチェックできるため、自分の弱点を把握しやすいというメリットを得られます。ただ反面、複数の生徒がいることで講師との対面指導を受ける時間が少なくなり、英語での対話の時間を取りにくくなります。また、グループレッスンの場合は、自分のレベルに合ったクラスに編入されないと、自分に必要なレッスンを受けられない可能性があります。一方、最近増えているのが個人レッスンです。個人レッスンは講師と対面で指導を受けられるため、自分の習得状況に即してレッスンを進められるというメリットがあります。また、自分が希望する、または自分に不足しているスキルを集中的に学ぶことができます。ただ、個人レッスンは自分一人しかいないことで自分のレベルを他人と比較対照できないため、自分の会話力を確認することができません。また、英会話学校の講師を独占することで、講師の人件費を一人で負担しなければならず、レッスン料が高額になってしまいます。