記事一覧

グローバル化の進展

先生

英語教育の欠陥補充

最近は日本でも小学校から英語を教えるようになり、特に英会話に力を入れるようになってきています。しかしながら、以前は中学校から長時間英語の授業を行っておりましたが、日本の英語教育は読み書きや文法に力点が置かれていたため、社会人になっても英会話ができるケースは必ずしも多かったとはいえません。英会話学校はこうした日本の英語教育の欠点を補完する役割を果たしています。英会話学校は交通の利便性の高い場所に設置されるケースが一般的で、おもに社会人や学生を対象としています。グローバル化の進展によって英会話の必要性が増大しており、英会話学校はそれぞれが特徴のある教育を行っています。英会話学校を選択する際には自分の目的を明確にしたうえで、それに沿ったところを選択することが重要です。一般的に英会話学校はマンツーマン或いは少人数で教育を行っておりますが、マンツーマンの場合には費用は高くなりますが、時間の融通が利くことが忙しい人には大きなメリットとなります。少人数の場合には授業時間が決まっておりますので、常に授業を受けれるように自分の日程を調整する必要があります。英会話の講師は一般的に外国人になっていますが、必ずしも英語が母国語ではないケースもありますので、講師のことについても事前に確認することが重要です。少人数の場合にはレベルの調整が行われていることが一般的ですが、入学前にある程度レベルを向上させておくことも短時間での習得に繋がります。